国際光年記念シンポジウム ~国際光年記念式典~  開催のご案内         4月21日(火) 東大安田講堂にて

イブン・アル・ハイサムの光学研究から1000 年、アインシュタインの一般相対性理論から100年、カオの光ファイバの提唱から50 年など、2015 年は光にとって節目となる重要な年です。

国際連合(UN)総会第68 会期は、この2015 年を「光と光技術の国際年」(International Year of Light and Light-based Technologies)とすることを宣言し、その推進にはユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が関わることとなりました。この国際光年宣言に対しては、ICSU、ICO、IUPAP、IUPACなど諸国際学術連合も積極的に賛同しました。わが国においても、日本学術会議が中心になって、光と光技術に関わりの深い科学者・技術者コミュニティとともに、各種シンポジウムやイベントの実施、市民への啓蒙活動に取り組んでいます。

我が国における国際光年の本格的活動開始の宣言と光科学技術の研究者コミュニティの集結を図るとともに、若手研究者や学生のみならず、広く市民の皆様に対して光の科学技術の重要性と魅力を伝えることを目的として、来る平成27年4月21日(火)14時より、東京大学安田講堂にて、下記の通り国際光年記念シンポジウム(国際光年記念式典)を開催いたします。
本シンポジウムでは、2015 年ノーベル物理学賞受賞者の天野浩博士による特別講演も行われます。是非とも多くの皆さんにご参加いただけますよう、ご案内申し上げます。

準備の都合上、登録フォームより、事前の参加登録をいただけますよう、お願い申し上げます。
※事前登録は締切ました。当日受付にお越しください。

名称: 国際光年記念シンポジウム ~国際光年記念式典~

日時: 平成27年4月21日(火) 14:00~17:30(12:00から13:30までプレイベント)

場所: 東京大学 安田講堂 東京都文京区本郷7-3-1

定員: 700名

参加費: 無料:但し事前登録制 ※どなたでもご参加いただけます

主  催: 日本学術会議第三部 (http://www.scj.go.jp/)
特別協賛: 科学技術振興機構 (http://www.jst.go.jp/)
協  賛: 国際光年協議会 (http://iyl2015-japan.org/societies/memberlist)
参加登録: こちらより事前にご登録ください。
事前登録は締切ました。当日受付にお越しください。

iyl150421

印刷用PDFデータ

プログラム

プレイベント(12:00-13:30)

若手研究者125名によるポスター発表 於:工学部2号館フォーラム

記念式典(14:00-17:30)

14:00 開会挨拶:国際光年趣旨説明
荒川 泰彦 (日本学術会議連携会員、ICO会長、東京大学生産技術研究所教授)

14:15 日本学術会議挨拶
大西 隆 (日本学術会議会長、豊橋技術科学大学学長)

14:25 来賓祝辞
川上 伸昭 (文部科学省科学技術・学術政策局長)
五神 真 (東京大学総長)
中村 道治 (科学技術振興機構理事長)

15:00 講演「光の科学」
霜田 光一  (東京大学名誉教授)

15:30 講演「光と宇宙」
家 正則  (国立天文台教授)

16:00 講演「光とデザイン」
石井 幹子 (石井幹子デザイン事務所)

(休憩 15分)

16:45 特別講演「世界を照らす青色LED」
天野 浩  (名古屋大学大学院工学研究科教授)

17:30 閉会挨拶
相原 博昭 (日本学術会議会員・第三部長、東京大学副学長、大学院理学系研究科教授)

PAGETOP